ドライバーは飛ばさない

g_007

プロでもアマチュアでもやっぱりドライバーは飛ばしたい。

自分より年齢が上の人が、自分より30ヤードも飛ばしているのを見ると、ついつい力んでしまうもの。

ですが、ドライバーってそんなに飛ばす必要ありますか?

飛距離を捨てるとスコアは上がる

最も簡単に100を切る方法

スポンサードリンク

なかなか100を切れないゴルファーが最も簡単に100を切る方法は、ティショットでドライバーを握らない事です。

通常のゴルフ場の飛距離はレギュラーティで約6000ヤード程度。

ミドルホールは長くても380~400ヤード程度。

5番アイアンとかユーティリティでティショットを打っても、残りは180ヤードくらいでしょう。

2打目でグリーンに乗らなくても、グリーン手前くらいまでは運べます。

そこから3打で上がればボギーペースでいけますよね。

これがドライバーが曲がるとそうは行かない。

OB打ってしまえば、プレイング4からで良くてもダブルボギー。

林の中に入れて、キンコンカンとしてしまえばトリプル、ダブルパーの連発になってしまいます。

でもやっぱりゴルフの醍醐味の一つはドライバーショット。

ドライバー使わないでこじんまりスコアをまとめるのもあまりおもしろくありません。

ですので、ドライバーは思い切って飛距離は捨て方向性を重視しましょう。

ドライバーの方向性を重視させるためには、スイングを出来るだけシンプルにすること。

力のない人だって、ヒザのアクションを使って、体重移動を増やして、コックを入れれば飛距離を出すことも可能かもしれません。

でも、その代償はブレまくりです。

なのでそんな飛ばそうとしなくていいんです。

てゆーか、最近のドライバーは普通に打ってもそこそこ飛んでくれます。

スイングスピードを上げる努力をするよりも、ミート率を高めたほうが方向性も飛距離もぐっと伸びるはずです。

もう、ドライバーは飛ばさない!って決めるとゴルフが凄く楽になりますよ!

スポンサードリンク


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*