野球とかテニス経験者はゴルフの上達が早いのか?

g_066

一昔前の野球選手といえば、オフシーズンはほぼすべての選手がゴルフをしていたんじゃないかというくらいの勢いでした。

最近では、野球選手もオシャレになってきたのも有りますし、趣味も多様化してますので、みんながみんなゴルフって訳でもないみたいです。

ところで昔野球をやっていた!とかテニスをやっていた!なんて人は、他の球技をやっていた人よりゴルフの上達は早いのでしょうか?

ゴルフと野球

スポンサードリンク

野球とかテニス

野球やテニスとゴルフの共通点は、長い道具を使ってボールを打つこと。

野球の場合バットでテニスの場合はラケット。

で野球・テニスとゴルフの最大の差は、ボールが止まっているか動いているか?

野球の場合、バッターは止まっているボールを打つことはありません。練習でティバッティングをすることもありますが、それはあくまでも練習。

テニスの場合もサービスの時は自分の手でトスをしてから打ちますが、これは野球で言えばピッチャーみたいなもので、あまりゴルフのスイングとはシンクロしません。

ただどちらも道具でボールを捕らえることには慣れているので、野球・テニスの経験者は、他の球技の経験者よりもボールを打てるようになるのは早いようです。

野球・テニス経験者の上達は?

ですが、野球とかテニスの経験者はボールを当てるようになるのは上手なんですが、大抵の人はスライスが止まりません。

右にぶっ飛ぶプッシュスライスの人もいれば、力のない球筋のスライスの人もいる。

大体スライスの毒牙にハマってしまうのです。

なぜ野球・テニス経験者はスライスが止まらないのか?

それはゴルフと手の動きが違うからなんですね。

ゴルフの場合、体の正面でボールを打ち、フェースはローテーションされ、身体が飛球線方向に向く前に体の正面で右手は返ります。

しかし、例えば野球の場合、体の正面で右手を返すようなスイングをすれば、全部三塁側のファールグランドに一直線で飛んでいくでしょう。

野球もテニスもある程度身体が開いてから右手を返しますが、ゴルフは先に右手を返してから身体を開く。

つまり同じボールを打つスポーツでも身体の動きが違うのです。

なので大抵野球をやっていた人は、体重移動はしっかりと出来てボールはすぐ打てますが、フェースローテーションが出来ないから、振り遅れスライスとなりバビューンと右に飛んで行くのです。

ということなので、野球とかテニスをやっていた人はむしろ悪い癖がついているので、早めに修正する必要があるのです。

結局は上達のスピードは変わらないということですね。

スポンサードリンク


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*